2019年10月9日(水) たんたんのトレード日記

ユーロドル EURUSD

値動き・エントリーポイントに関する考察

欧州初動で下限から上昇しました。レンジの中でもこのような欧州初動の独特のダマシパターンがでました。

トレードの振り返り・反省点

分かってはいたけど、ナンピン前提の

①14:00 上昇しても分割エントリーするつもりでショート(小ロット)
②15:00 欧州初動、波が反転急上昇
    欧州初動M5MAダマシパターンか
③23:00 結果、レンジ上限からショートできる形にならず
    上昇フラッグのような形状になってしまった。

ポンドドル GBPUSD

値動き、エントリーポイントに関する考察

節目でのトレンド転換のスパイクシナリオになりました。ポンドドルはたまにある値動きです。9月24日と同じような値動きでした。

トレードの振り返り・反省点

スパイクシナリオが念頭にあったのですが、待ちすぎてタイミングを逃しました。このシナリオがあるときは思い切って、認知バイアスに注意して、トレードが必要だと思いました。上からの逆張りは戻り売りと利確と両方入るところなので、次回は狙っていきたい。やはりこうゆう急上昇の押し目を拾うのは難しいです。24日と違うのは、下げてから上に行く勢いがあったこと。24日はWボトム付けてから高値更新していったけど、今回は売りが強くて押し目が入らなかったです。毎回値動きはトレーダーの心理が異なるのでそこは注意したい。

①15:00 欧州初動、短期上昇トレンド発生
②17:00 1時間もみ合い後上にブレイク
③19:00 前日高値より切り下げてもみ合い4時間
④21:30 指標で上昇も小逆三尊で逆張りショート入る
⑤23:00 1時間調整の後、M1MAガイドで下落

ドル円 USDJPY

値動き・エントリーポイントに関する考察

月曜日足のFibo61.8%から押し目買いが入った状態。欧州初動でも東京時間小レンジブレイクして高値を更新していった。Wトップ狙いでしたが、ショートできるところはなかったです。

トレードの振り返り・反省点

東京時間の安値からのロングが取れなかった。欧州初動のレンジブレイクも高値が近いのでエントリーせず。ルール的にはエントリーすべきところだったか。

①09:00 東京初動、時間足切替りで、上昇スタート。ロングポイント
②16:30 欧州初動、東京時間のレンジをブレイク、上昇トレンド発生。
     押し目買い可能
③18:00 直近高値で損切り入れていたものでスパイク上昇
④00:00 NY時間 M5MAガイドで107.5をブレイク
⑤07:00 上昇の調整で下落

前日のトレードを振り返り、たんたん的なエントリーポイント解説と考察をデイリーでブログとYouTubeでアップしています。コメント質問等はYouTube、Twitterにお願いします。また記事が参考になりましたらブログランキングに協力お願いします。

それでは今日も淡々とトレード頑張っていきましょう!

<注意事項>
本ブログの内容は、相場について個人的見解に基づいてのものであり、トレードの利益を保証するものではありません。トレードされる場合は、リスクを十分に理解した上にご自身の判断で行ってください。また本ブログは無料公開しておりますが、著作権は放棄しておらず、本サイトに帰属します。無断利用や営利目的での利用は一切できません。