2019年10月3日(木) たんたんのトレード日記

ユーロドル EURUSD

値動き・エントリーポイントに関する考察

H1レベルの上昇トレンドが継続して戻り売り候補の1.110まで付ける動きになりました。欧州初動のダマシで押しをつけに行くのも想定内でした。ただ高値ブレイクが急すぎて、その後トレンドが続かず、レンジ化。指標で目標レート達成した感じです。

トレードの振り返り・反省点

想定通りの値動きで②でエントリーはよかったかなと思いました。ブレイクが早すぎて、トレンドが続かないと思ったらやはり逆進。建値付近まで戻ってきてまた反転はしてくれましたが、高値を更新しない時点で全利確。半分だけ残して指標まで待てばよかったと思いました。

①15:00 欧州初動、安値試し。短期足上目線なので、ダマシパターンとみた
②16:00 時間足切替りで決め打ちロング、小Wボトム付ける動きも想定内
③17:00 小Wボトム、安値切上げでH1レベルの押し目買い入り、損切り巻き込んでブレイク
④17:30 上昇の勢いが強くて利確&逆張り入って急落
⑤19:00 安値切上げでまた押し目買い入るも
⑥20:00 ④の高値切り下げて、レンジ感あり抜けないと判断、利確
⑦23:00 米指標(非製造業景況指数)で急上昇
⑧01:00 その後キリ番1.100で上げ止まり、調整下落となった

ポンドドル GBPUSD

値動き、エントリーポイントに関する考察

シナリオ通り、トレンド転換の日になりました。どう上抜けるかは読めないところでした。欧州初動の安値試しや想定通りな感じでしたが、やはりレンジのイメージを持っていたトレーダーも多くて、高値を抜けないと上からのショートが結構入ってきました。下げ止まりを1時間確認してWボトムとして、そこからは買い先行な相場になりました。同じようなトレンド転換のシナリオをイメージしていたトレーダーが多かった相場だったと思います。

トレードの振り返り・反省点

欧州初動の安値試しは想定通りではやりタイミングで②でエントリーしましたが、1.23を上抜いた時点でそこがサポートになって上に行くイメージを持っていたので、④まで下がってきたところでポジションを切ってしまった。②④でWボトム、というのはあまり考えていなくて反省。取れていらば120pips取れてたことになるので・・・、あかんです。

①09:00 東京初動、107円のサポート強しとみて逆張りロング
     しかし上値が重く撤退
②15:00 欧州初動、調整波狙いでロング
③17:00 M15MAにレジされて、下落、小ネックを抜けて下降スタート
④20:00 107円をブレイク
⑤23:00 M5MAにタッチしたところで押し目候補だが指標ありエントリーせず
     米指標で急落した

ドル円 USDJPY

値動き・エントリーポイントに関する考察

売り先行で節目の107円を抜いていきました。やはり107円は相当意識されていて、簡単には抜けませんでした。

トレードの振り返り・反省点

下げが強かったので、調整上昇のシナリオに固執していた。MAはどれも下向きでロングできる要素はほとんどありませんでした。反省。後付けですが、③の欧州初動のショートはいいポイントだったと思いました。ダマシで戻しを付けてからの小Wトップ、小ネックライン下抜け、M15MAもガイドで機能している。

①09:00 東京初動、小Wボトム作って調整で上昇
②14:00 欧州時間から下降へ転換。①の安値を抜いてその後M5MAの下を推移。
③20:00 3時間のもみ合いを下抜け
④21:15 指標後、上に付けたが、戻り売り入って本格下落がスタートした

前日のトレードを振り返り、たんたん的なエントリーポイント解説と考察をデイリーでブログとYouTubeでアップしています。コメント質問等はYouTube、Twitterにお願いします。また記事が参考になりましたらブログランキングに協力お願いします。

それでは今日も淡々とトレード頑張っていきましょう!

<注意事項>
本ブログの内容は、相場について個人的見解に基づいてのものであり、トレードの利益を保証するものではありません。トレードされる場合は、リスクを十分に理解した上にご自身の判断で行ってください。また本ブログは無料公開しておりますが、著作権は放棄しておらず、本サイトに帰属します。無断利用や営利目的での利用は一切できません。