2019年9月30日(月) たんたんのトレード日記

欧州初動のエントリー

ユーロドル EURUSD

値動き・エントリーポイントに関する考察

売り先行な相場でしたが、やっぱり下降トレンドが続きすぎているのでエントリータイミングが難しい相場でした。結果、Wトップを付けた①や②でエントリーがいいポイントでした。あとオプションもあって1.09ブレイク後の値動きが悪くて建値撤退になってしまった。M5MAまで深戻ししてから改めて戻り売りが入った感じです。

トレードの振り返り・反省点

①②でエントリー見送ったのはダメです。②は特にM1MAも短期下降トレンドも出ていて、M15MAも下抜いたので、パーフェクトオーダー状態といえば、パーフェクトオーダー状態。リスク取ってやらなあかんポイントでした。あと、③のエントリーポイントもトレンドが続いた終盤といえば終盤なので、オプションもあったので、短期決済すべきだったかもしれない。

①15:00 欧州初動 高値試し、キリ番レジ、Wトップで戻り売り入る
②18:00 M5MA、M15MA下抜け、M1MAガイド、で安値試しエントリー可能
③20:00 小レンジブレイクでショートエントリー
④23:00 節目の1.09をブレイクも30日NYオプションもあって、売りが続かず
    ③のショートは建値撤退

ポンドドル GBPUSD

値動き、エントリーポイントに関する考察

各移動平均も下向きで売り先行でしたが、安値も意識されてレンジ化した相場でした。下降トレンドも続いており、下げるにも戻しがほしい相場なので、やはりこうゆう難しい値動きになりますね。すぐにブルベアが入れ替わります。

トレードの振り返り・反省点

④でロングしてしまった。H1レベルの戻り売りイメージのショートが入っているので、2時間くらい様子見て下げ止まり見ないといけないところ。ルール無視、認知バイアス、両目線欠如のエントリーでした。これもユーロドルやドル円でリスクリワードがある場面でエントリーしなかった焦りエントリー。あと⑤のポイントは逃げによいポイントだったのに逃げなかった。結果、さらに戻り売り入り、④の安値抜いたところで損切り。⑤からの戻り売りも①の安値を抜いていないので、また戻るイメージがあったのにすぐ切ってしまってダメダメなトレードでした。

そもそも難しい局面なので無理してやる相場ではない。反省。やはりちゃんとリワードのいいところでエントリーしないと、後々トレードでこうなる。毎回同じ失敗の繰り返しです。反省。

①16:00 欧州初動、小Wトップから戻りをつける動き
②17:00 ①からの押し目買い入る
③18:00 直近高値とWトップ、H1レベルの戻り売り入る
④18:30 ①②からの調整押し目買いイメージでロングしてしまう
    最低、2時間、③からの戻り売りが止まるのを待たないといけなった。
⑤20:00 ③より高値切り下げで戻り売り入るも
    ④はココで切るべきだった。
⑥21:00 ①の安値抜けず、再び上昇、④ロングは損切り
    ①を抜けなかったので、もう少し待つべきだった
⑦00:00 スパイク上昇で、改めてH1戻り売り入る

ドル円 USDJPY

値動き・エントリーポイントに関する考察

H1レベルの短期上昇トレンドが続いた形。チャートの形が悪くて、下げ止まり確認してエントリーが難しい相場でした。欧州時間の小Wボトムくらいしかありませんでした。

108円にこの日カットオフのNYオプションがあってブレイク後に上げ渋り、高値更新はならなかった。

トレードの振り返り・反省点

各移動平均も下にあってレートを支えるイメージでした。欧州時間のWボトム見て抜け期待ロングを仕掛けるべきでした。108円のオプションも気になっていたところ。昨日も書いたが、ルール通りエントリーイグジットをすること。ほんとにエントリーしない後悔はあとでダメエントリーしてしまうのでダメ。反省

①13:00 安値試し、押しを作る動き
②16:30 小Wボトム、押し目買い入る。ロングポイント
③20:00 M5MA上に乗ってさらにロング入り、
④21:00 108円をブレイク。そこで飛び乗りロング
⑤22:30 108円に本日カットオフのオプションもあって伸びない。
     下落してきたところで損切り
⑥23:30~M5MAまで下がって押し目買いされる

それでは今日も淡々とトレード頑張っていきましょう!

<注意事項>
本ブログの内容は、相場について個人的見解に基づいてのものであり、トレードの利益を保証するものではありません。トレードされる場合は、リスクを十分に理解した上にご自身の判断で行ってください。また本ブログは無料公開しておりますが、著作権は放棄しておらず、本サイトに帰属します。無断利用や営利目的での利用は一切できません。